チェルノブイリ原発事故から30年①

 プロジェクトX「悪夢のチェルノブイリ日本人医師の闘い」
http://dai.ly/x2e3fnm
# by Addionuke | 2016-02-17 20:14 | 関連ニュース

グローバルキャンペーン《京都を守って!》第二弾 高浜原発再稼働阻止を京都府知事に要請

福島第一原発からちょうど4年。放射能汚染に懲りた市民の反対は強く、国内すべての原発が停止してすでに1年半が経ちます。しかし、原子力利用再開 を急ぐ日本政府は、安全確保もないまま、再稼働へ突進。その第一号が、若狭湾の高浜原発だと言われ、関西の水源である琵琶湖や、世界遺産を数多く抱えた京 都が、住めない土地になる危険に曝されています。

京都府知事に、過去、現在、未来の日本はもちろん、世界に対する絶大な責任を自覚し、再稼働に反対するよう、国内外から呼びかけましょう。

a0235164_16332071.jpg

大飯原発再稼働反対運動を海外からもサポートしようと、2012年初夏、資料センター《雪の下の種》が行なった署名キャンペーン《京都を守って!》。
福島原発事故からちょうど4年にあたる今年の3月11日に、今回は、年内に再稼働が危ぶまれる高浜原発について、京都府知事に反対に尽力するよう求める Change.orgのキャンペーン《京都を守って! 2015》がスタートしました。
Change.orgのキャンペーンのページに氏名とメールアドレスと郵便番号と国を入力して「賛同」をクリックすると、自動的に下記アピール文の日本語&英語のメールが下記の四人に届けられます。
山田府知事宛てに府の広報課
府民生活部防災・原子力安全課 府民生活部防災・原子力安全課
府民生活・厚生常任委員会 巽昭副委員長
府民生活・厚生常任委員会 安田守副委員長

署名サイトには、日本語、英語のほか、アピールのフランス語、イタリア語、スペイン語の翻訳も掲載されていますので、ぜひ、京都を愛する海外のお友達やお知り合いにも広めて、賛同を呼びかけてください。
ご協力、お願い致します。

資料センター《雪の下の種》 (イタリア・ピサ)

アピール文


More
# by Addionuke | 2015-03-19 16:45 | キャンペーン最新ニュース

高浜原発を動かさせないための7つのプレゼント アイリーン美緒子スミス 


# by Addionuke | 2015-01-14 17:51 | 関連ニュース

映画「日本と原発」衆院選目前 特別編

nihontogenpatsu.com

# by Addionuke | 2014-11-29 17:31 | 関連ニュース

「ふるさと返せ」飯舘村住民の半数が賠償申し立て

「ふるさと返せ」飯舘村住民の半数が賠償申し立て
il 14 nov 2014 アップ

東京電力福島第一原発事故の被害を受け、全村避難が続く福島県飯舘村の住民2837人­が14日、東京電力に対して謝罪や慰謝料の増額などを求めて、原子力損害賠償紛争解決­センターに申し立てた。

" target="_blank">
# by Addionuke | 2014-11-29 00:23

環境省専門家会議 ~ これでも、人間か。

委員と環境省の態度、必見。
「フクシマの子どもたち」が置かれている現実をまざまざと見せつけられる一コマです。


# by Addionuke | 2014-11-28 23:58 | 関連ニュース

「被ばくを強いられた」「避難したい」~親子86人が提訴

https://www.youtube.com/watch?v=hLwaIZA5sZo


福島県に住み続けている子ども24人が29日、居住する自治体に対し、放射線量の低い­安全な環境で教育を受ける権利を求め、福島地裁に提訴した。また、福島第一原発事故後­に無用の被ばくさせられたとして、事故当時、福島県に住んでいた親子88人が、国や県­に対し1人当たり10万円の慰謝料を求めて提訴した。

詳細はこちら http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1826

【寄付のお願い】
OurPlanet-TVは日本ではまだ珍しい非営利の独立メディアです。企業や行政­­からの広告収入を一切受けていません。制作に関わる費用はすべて、応援してくださる­個­人の寄付や会費によって支えられています。
詳細はこちら http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1523
# by addionuke | 2014-09-02 18:53 | 関連ニュース

ドイツZDFフクシマへの帰還 第二弾



第一弾は、こちらから。(同じようなダイジェストです)
https://www.youtube.com/watch?v=ACdDyyGC6H0&feature=youtu.be
# by addionuke | 2014-08-14 20:38 | 関連ニュース

川内(せんだい)原発再稼働やめろ!パブコメキャンペーン

http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4900 から

「ひとこと」で良いので必ず、意見を述べよう!! 
提出締め切り8月15日(金)24 時まで
直接入力する場合は→
http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html

こちらのパンフレット「川内原発~避難計画のここが問題 これでは命は守れない!(カ
ラー版 8頁)」(FoE Japanからシェア)もぜひ参考にしてください。
a0235164_21481154.jpg

a0235164_2148479.jpg

a0235164_21492594.jpg

a0235164_21495435.jpg

a0235164_2152196.jpg

a0235164_21523938.jpg

a0235164_2153447.jpg

a0235164_21532434.jpg

# by addionuke | 2014-07-30 21:56 | キャンペーン最新ニュース

フクシマ原発事故から3年 ~ 日本中から

http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3932
a0235164_17323281.jpg

# by addionuke | 2014-03-08 17:33 | 関連ニュース

フクシマ原発事故から3年 ~ 日本から

フクシマの3年間 ― 消せない記憶のものがたり
『遺言  原発さえなければ』
a0235164_17183312.jpg

豊田直巳&野田雅也 監督

福島を描いたどきゅめんたr-映画の決定版
3時間45分 ― 800日間の記録
~ 苦しみを乗り越えて 新たな挑戦が始まる ~
3月8日から東京で封切
 ~14日まで、ポレポレ東中野で劇場初公開
  連日12:20~ 上映後トーク付き
ゲストトーク= なかにし礼、足立正生、鎌田慧、高橋哲也、吉岡達也、森達也、落合恵子
詳細は: https://www.facebook.com/yuigon.fukushima

a0235164_17193097.jpg

# by addionuke | 2014-03-08 17:19 | 関連ニュース

フクシマ原発事故から3年 ~ ドイツから



出典:
ユーチューブ:
http://www.youtube.com/watch?v=I2soIAfBeVI
ユーチューブのEWSページ:
http://www.youtube.com/ewsschoenau
EWSのHP:
http://www.ews-schoenau.de/fukushima.html
フェイスブック
https://www.facebook.com/pages/Elektrizitätswerke-Schönau-EWS/228617025632
くまざきみかさん@フライブルク
# by addionuke | 2014-03-08 17:04 | 関連ニュース

高レベル放射性廃棄物 最終処分場の問題点


# by addionuke | 2014-01-06 08:11 | お奨めリンク ― 原発関係

いまこそ原発を問う 後藤政志 講演 - 主催 早稲田大学 現代思想研

" target="_blank">
# by addionuke | 2013-12-09 18:07 | キャンペーン最新ニュース

広瀬隆さんからのアピール 乞う拡散です。

a0235164_19274239.jpg

photo: https://www.facebook.com/photo.php?fbid=251736471640635&set=a.107097459437871.15541.100004128522276&type=1&theater
全国のみなさま  広瀬隆です。

 今日は、一生のお願いがあって、このメールを送らせていただきます。

 今、音もなく、再稼働の審査がおこなわれています。
そして、いきなり「再稼働認可」のニュースが、原子力規制委員会から出されようとしています。
思い起 こしてください。昨年の6月29日に首相官邸前に20万人が集まって、
大飯原発再稼働 反対を叫び、大飯原発ゲート前でも肉弾戦で再稼働を
阻止しようとしましたが、狂気のように運転が強行されました。

規制委員会と、政府と、自治体の手の中で再稼働が決定されると、
その時には手遅れなのです。

今週の日曜日、10月13日には、東京で日比谷公園の集会と国会包囲のデモ がおこなわれます。
大変に重要な時期にあります。

私が最もおそれているのは、四国・愛媛 県の伊方原発が再稼働の筆頭候補に挙げられていることです。
愛媛県の中村時広知事は、「現地の承諾なしに再稼働は認めない」と言いながら、
この「現地」は、 自治体の首長や議会の承認という意味なのです。
一般住民は、まったく無視されています。加えて、中村時広のブレーンは、
みな原子力安全・保安院(つまりそれを引き継いだ現在の原子力規制庁)なのです。
もはや、自治体の首長は誰も信用できません。

伊方原発が突破されると、日本全土の原発が動き出す連鎖反応に至ります。
この一基目を絶対に止めなければなりません。
 
しかし希望を持ってください。止められます。参院選で、山本太郎さんが
街頭演説だけで66万票をとりました。もしテレビと新聞が選挙前に
太郎さんのことをきちんと報道していれば、100万票は確実にとれました。
東京都の中だけです。し たがって日本全土には、
1000万人の行動できる原発阻止の力があるのです。

添付ファイルにある12月1日の愛媛県松山市での大集会に、
みなさんの最大の能力を発揮してください。
山本太郎が旗手になって乗りこんでくれます。

みなさんは、それぞれの地元の原発再稼働阻止行動、
裁判・訴訟、被曝回避、汚染水漏洩、賠償・・・と、
あらゆる問題が同時に噴出して、目の前の問題で大変です。
それを百も承知でお願いします。

ただ、12月1 日だけは、それを脇に置いてく ださい。
一 度、日本全土の力をまとめて発揮しないと、弱いところから突破されます。
数では、われわれのほうが圧倒的に勝っていても、
力を集めないとダメなのです。

1000 万人が集 まれば勝てるのです。楽勝です。
松山では、数万人で充分です。愛媛県内で、今その人数を街頭で見せることが、
求められています。

東日本の人には、四国はいささか遠い場所です。
新幹線経由で すと、私はいつも岡山駅から列車でおよそ2時間半で松山に行きます。
松山空港には、飛行機もあります。
あなたが行けなくても、全国の人が、瀬戸内海全域の人に呼びかけてください。
そして伊方原発の風下地帯に も呼びかけてください。

愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・
鳥取県・島根県・岡 山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・
高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
これだけの西日本の人が立ち上がれば、止められます。

親戚・知人・友人・恋人に、呼びかけてください。
現在、原発は一基も動いていません。
再稼働の一基目を止めれば、日本全土、全部を止められます。
天王山の戦いです。
今度こそ、先手をとりましょう。
みなさまの知恵によって、本物の希望 をつかみましょう。 

カレンダーに書き入れてください。
a0235164_19361544.jpg

a0235164_1936518.jpg

# by Addionuke | 2013-10-09 19:37 | 関連ニュース

黒澤明 死して15年 直筆ノートにあった"メッセージ"


# by addionuke | 2013-09-24 02:18 | お奨めリンク ― 原発関係

日本は卑怯 汚染水問題で批判

http://youtu.be/k9U2qV87fUs


# by Addionuke | 2013-09-05 20:48 | 関連ニュース

平成25年長崎平和宣言

長崎平和宣言に賛同される方は、下記サイト右下の「クリック」ボタンをクリックしてください。
http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/appeal/index.html
(長崎市: 長崎平和宣言の賛同者数を調査しております)

ビデオ


テキスト

 68年前の今日、このまちの上空にアメリカの爆撃機が一発の原子爆弾を投下しました。熱線、爆風、放射線の威力は凄まじく、直後から起こった火災は一昼夜続きました。人々が暮らしていたまちは一瞬で廃墟となり、24万人の市民のうち15万人が傷つき、そのうち7万4千人の方々が命を奪われました。生き残った被爆者は、68年たった今もなお、放射線による白血病やがん発病への不安、そして深い心の傷を抱え続けています。
 このむごい兵器をつくったのは人間です。広島と長崎で、二度までも使ったのも人間です。核実験を繰り返し地球を汚染し続けているのも人間です。人間はこれまで数々の過ちを犯してきました。だからこそ忘れてはならない過去の誓いを、立ち返るべき原点を、折にふれ確かめなければなりません。

 日本政府に、被爆国としての原点に返ることを求めます。
 今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80か国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同の署名を求めました。
 しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入れられないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府は示したことになります。これは二度と、世界の誰にも被爆の経験をさせないという、被爆国としての原点に反します。
 インドとの原子力協定交渉の再開についても同じです。
 NPTに加盟せず核保有したインドへの原子力協力は、核兵器保有国をこれ以上増やさないためのルールを定めたNPTを形骸化することになります。NPTを脱退して核保有をめざす北朝鮮などの動きを正当化する口実を与え、朝鮮半島の非核化の妨げにもなります。
 日本政府には、被爆国としての原点に返ることを求めます。
  非核三原則の法制化への取り組み、北東アジア非核兵器地帯検討の呼びかけなど、被爆国としてのリーダーシップを具体的な行動に移すことを求めます。

 核兵器保有国には、NPTの中で核軍縮への誠実な努力義務が課されています。これは世界に対する約束です。
 2009年4月、アメリカのオバマ大統領はプラハで「核兵器のない世界」を目指す決意を示しました。今年6月にはベルリンで、「核兵器が存在する限り、私たちは真に安全ではない」と述べ、さらなる核軍縮に取り組むことを明らかにしました。被爆地はオバマ大統領の姿勢を支持します。
 しかし、世界には今も1万7千発以上の核弾頭が存在し、その90%以上がアメリカとロシアのものです。オバマ大統領、プーチン大統領、もっと早く、もっと大胆に核弾頭の削減に取り組んでください。「核兵器のない世界」を遠い夢とするのではなく、人間が早急に解決すべき課題として、核兵器の廃絶に取り組み、世界との約束を果たすべきです。

 核兵器のない世界の実現を、国のリーダーだけにまかせるのではなく、市民社会を構成する私たち一人ひとりにもできることがあります。
 「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」という日本国憲法前文には、平和を希求するという日本国民の固い決意がこめられています。かつて戦争が多くの人の命を奪い、心と体を深く傷つけた事実を、戦争がもたらした数々のむごい光景を、決して忘れない、決して繰り返さない、という平和希求の原点を忘れないためには、戦争体験、被爆体験を語り継ぐことが不可欠です。
 若い世代の皆さん、被爆者の声を聞いたことがありますか。「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・ウォー、ノーモア・ヒバクシャ」と叫ぶ声を。
 あなた方は被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代です。68年前、原子雲の下で何があったのか。なぜ被爆者は未来のために身を削りながら核兵器廃絶を訴え続けるのか。被爆者の声に耳を傾けてみてください。そして、あなたが住む世界、あなたの子どもたちが生きる未来に核兵器が存在していいのか。考えてみてください。互いに話し合ってみてください。あなたたちこそが未来なのです。
 地域の市民としてできることもあります。わが国では自治体の90%近くが非核宣言をしています。非核宣言は、核兵器の犠牲者になることを拒み、平和を求める市民の決意を示すものです。宣言をした自治体でつくる日本非核宣言自治体協議会は今月、設立30周年を迎えました。皆さんが宣言を行動に移そうとするときは、協議会も、被爆地も、仲間として力をお貸しします。
 長崎では、今年11月、「第5回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」を開催します。市民の力で、核兵器廃絶を被爆地から世界へ発信します。
a0235164_0503775.jpg
 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、未だ収束せず、放射能の被害は拡大しています。多くの方々が平穏な日々を突然奪われたうえ、将来の見通しが立たない暮らしを強いられています。長崎は、福島の一日も早い復興を願い、応援していきます。
 先月、核兵器廃絶を訴え、被爆者援護の充実に力を尽くしてきた山口仙二さんが亡くなられました。被爆者はいよいよ少なくなり、平均年齢は78歳を超えました。高齢化する被爆者の援護の充実をあらためて求めます。
 原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、広島市と協力して核兵器のない世界の実現に努力し続けることをここに宣言します。

2013年(平成25年)8月9日

                                             長崎市長 田上 富久
# by Addionuke | 2013-08-10 00:45 | 関連ニュース

ドキュメンタリー「Mothers of Fukushima 福島の母たち」― トレーラー

ぜひ、見て、まわりの方たちに広めてください。
『Mothers of Fukushima-Trailer』
(2012)
LABOR VIDEO PROJECT
(サンフランシスコ)

http://youtu.be/L94h124zMvA


文字おこしをして下さったこちらのサイトもシェアさせていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/papakoman/17028050.html

(1人目の女性)

 原発事故から一年7か月、一日も心が休まる日はありませんでした。子どもたちの笑顔を見たら、申し訳なくて涙が出るし、雨が降っても風が吹いても不安です。甲状腺検査を受ける子供たちの姿を…苦しくて胸が引き裂かれそうでした。どうしてこんな風に生きなければいけなくなったのですか? 全部原発のせいだと。「原発さえなかったら」。毎日思っています。
 でも、今日ここへきて、福島に寄り添ってくれる沢山の方たちがいるのを、すごく勇気がいただけたので、私は必ずこの苦しみを乗り越えて見せます。絶対にあきらめないで、原発反対の声を挙げ続けていきます。

(2人目の女性)

 とにかくここから出なくてはならないと、そこで我が家の場合、上の息子と深い対立になったんです。上の息子は、「どうせ国に捨てられた命だ。どうせ病気になるんだろう。どうせ死ぬんだろう。好きにさせろ。国が動かない限り、俺も動かない。」とそればかりでした。
 そのいざこざを聞いてた下の息子が、あるとき寝る前に布団の中で私に言いました。「あのさ、ぼくがんになってもいいよ。病気になってもいいよ。兄ちゃんのために諦めるよ。」と。
 私は「これはダメだ」と、「下の息子だけでも連れて出なきゃいけない」と、そう思って両親と相談して、上の息子を両親に託して、下の息子だけを連れ出すことにしました。

(2人目の女性の下の息子)

 兄ちゃんが残るんだったら、まあ、そのままいて、病気になってもいいかなーなんて。やっぱり、兄弟だから、世界でたった一人の兄弟だから、あの、離れたくなていうか。

More
# by addionuke | 2013-05-30 12:57

フクシマ連帯アピール from Peaceboat

2013年 5月17日
第79回ピースボート船上にてa0235164_16242054.jpg

序文
 
 福島で起きた壊滅的な原発事故は、一国の問題ではなく世界の問題である。
 この事故は現在も進行中であり事態は絶えず変化しており、解決にはほど遠い状況である。
 高放射線量地域に住む約200万人の住民は、現在もこの事故による影響を受け続けている。
 この宣言を作成している時点で、被災者は誰一人として恒久的な再定住に関して公式な支援を受けていない。
 私たちは、ピースボートの第79回ピースボート地球一周航海に集結し、直接被災した方々から福島に関する状況について学び、情報の共有を行い、議論した。
 そして福島の人々に連帯のメッセージを送る。
 この議論を通して国際社会の代表は、過度の人権侵害が行われていると結論づけた。
私たちは福島県在住者や原発立地市町村長、国際社会および各国首脳に以下のことを呼びかける。

1.原子力事故の被害における認識
 福島での原発事故は国際原子力機関(IAEA)の国際原子力事象評価尺度(INES)に基づいてレベル7に分類された。しかし日本当局は事故が自然災害であると主張しつづけており、地震が多発する地域に原子炉を設計・建設した国や東電、GE、東芝、日立の責任、および放射線の健康リスクを過小評価した責任を軽んじている。
 現在まで、設計不良で建設された認識される原子炉の故障によって危険線量の放射線に被曝した被災者に対し賠償金は支払われていない。
・福島第一原子力発電所の事故は原発災害であり、深刻で長期的な放射線の脅威を生物や環境に与えていることを公に認めるよう日本政府に要求する。

2.身体の安全と福祉を受ける普遍的な権利の保護


 世界人権宣言の第3条には「すべての人は、生命、自由及身体の安全に対する権利を有する」と書かれており、一方、第25条1項には、「すべての人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設などにより、自己及び
家族の健康及び福祉に十分な生活水準を保持する権利並び失業、疾病、心身障害、配偶者の死亡、老齢、その他不可抗力による生活不能の場合は、保障を受ける権利を有する」とある。福島第一原子力発電所の事故により被害を受けた日本国民の安全は国によって保障されなければならない。 
 長期的に医療診断や病歴の調査および記録を残すことは非常に重要である。このためには、これらの過
程に対する独立性を持ち透明性のある管理方法を作ることが必要である。
 日本の医師は、被災者一人一人の長期研究を通して今回の大惨事における医学的影響について体系的な調査を行うために国民の信任を得る必要がある。

3.福島の全ての被災者の速やかな再定住の保障
 私たちは(自然環境の放射能を除く)あらゆる放射能に曝されることは人間にとって危険であると強く信じる。
 現在、福島の住民は常に危険なレベルの放射能に曝されている。
 福島第一原発の事故前までは年間1ミリシーベルトが安全な許容量の上限とされていた。
 この標準は、すでに人間の健康を危険に曝しているが、事態が進むにつれて年間20ミリシーベルトまで
緩和されてしまった(ほとんど原発労働者が健康に影響を受けると見られる量に等しい)。
・行政当局から必要な全ての援助と保障を受け、安全な環境に再定住することは、放射能に曝された者の権利である。
・私たちは、即時に再定住を必要とする人々の数を認識し、事故前の年間1ミリシーベルトの安全基準に引
き戻すことを、日本国政府に要求する。
・私たちは、最終的には全ての被災した国民の恒久的再定住のための資金を提供することを日本国政府に
要求する。

4.安全な生活圏を保証する中での子供の権利の支持

 世界人権宣言の第25条2項(母と子とは、特別の保護及び援助を受ける権利を有する。すべての児童は、嫡出であると否とを問わず、同じ社会的保護を受ける」と書かれている。
 子どもは特に社会的弱者である。東日本大震災の被災者の子供たちを保護するための法的な枠組みは存在はするが、目下有効に実施されてはいない。
 私たちは日本国政府が、2014年3月31日までに子供たちを保護する既存の法令を実行するための、
実際的且つ有効な対策を講じることを要求する。

情報入手の手段の確保
世界人権宣言の第 19条では「全ての人は、意見および表現の自由に対する権利を有する。この権利は干渉を受けることなく自己の意見を持つ自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越えると否とに関わりなく情報および思想を求め、受け、及び伝える自由を含む」と規定している。福島第一原発の作業員を含む被災者は、放射線量および、刻一刻と変わる原発の実情に関する正確かつ包括的な情報を、独立した研究所から無制限に入手する権利を有する。広島や長崎の被爆者に対して行われた容認しがたい対応とは異なり、福島の住民は自身の全医療記録にアクセスし、そのコピーを入手できるようにすべきである。


政治参加および参加可能な意思決定

世界人権宣言の第21条の第1項では、「全ての人は、直接に、または自由に選出された代表を通じて自国の政治に参与する権利を有する」と謳っている。しかし個人や地方自治体は、国の意思決定プロセスに十分に介入できない。もし、それが可能であれば、現在日本が依存している原子力エネルギーの代替策や再生可能エネルギーへの転換に関する対話を始める一歩にもなる。

私たちは日本国政府に直ちに行動を起こすことを緊急に訴えたい。
そして国際社会に対し、これらの問題提起を適切な場所で行うこと、そして関係当局に圧力を掛けていくよう
緊急に呼びかける。

# by addionuke | 2013-05-18 16:26 | キャンペーン最新ニュース