冷却停止のまやかし: たんぽぽ舎ニュースからエキスパートの反論

★1「冷温停止」?
  -ウソいうな!野田首相の大まちがいを指摘する
  今も、毎時0.6億ベクレルもの放射能を放出し続ける原発のどこが冷温停止か!
      
                                     山崎久隆
◯ 12月16日に野田首相は「冷温停止」を宣言した。

 これで何か変わるのかといえば、何も変わらない。

ところが翌日には福島県に対して警戒区域の線を引き直す説明をするという。

事故の終息宣言「ステップ2」の終了という「節目」を演出したかったのだろう。

細野原発担当大臣は「日本の技術力」などと言い出す始末だが、

こんなデタラメ八百の原発事故を起こしておいて終息宣言を高らかにやってみても、

原子力産業界が自画自賛するくらいで、世界中が冷ややかに見つめるだけだろう。

 何のためにこのようなセレモニーをしたかといえば、原発輸出の障害になるからだろう。

既にベトナムなど4カ国との原子力協定が衆参両院で承認されてしまった。

これに合わせて終息宣言をし、原発事故の話題が報道の一面から消えることを

狙ったのだろう。

追加 関連記事 

田中龍作ジャーナルから
「冷温停止」 最後の合同会見で世紀の大ウソ

http://tanakaryusaku.jp/2011/12/0003343





 今後は「事故終息後」の話題に移る。つまり除染と居住制限だ。

こちらのほうがより切実な問題だから、原発そのものへの関心は当然薄れる。

運転停止中の原発を運転再開しようともくろむ政府にとっては好都合というわけ。



◯ 本来の冷温停止とは「原子炉圧力容器内の燃料温度が100度以下になる」

ことをいうもちろん健全な燃料についての定義であり、福島第一のような炉心で

燃料が崩壊してしまった状態では、そもそも炉心の温度管理など出来るわけが無い。

だいいち、毎時0.6億ベクレルもの放射能が依然として放出し続ける原発の、

どこが冷温停止かと思う。

 通常の原発が冷温停止に至れば、原子炉の蓋を固定しているボルトを外し、

燃料を交換する作業に入ることが出来る。

しかし福島第一原発は圧力容器の蓋を開けるどころではない。

おそらく蓋が開けられるようになる時には関係者は誰も生きていないだろう。

百年かかるかもしれない。

 1号機に至っては、燃料はほとんど圧力容器の下に落ち、大半が圧力容器外に

流出していると考えられる。冷温停止を評価することなど出来るわけが無い。

 原子炉外にある燃料は、温度さえ測定されていない。

温度計があるのはあくまでも圧力容器だけ。燃料が抜け落ちていれば

100度以下になるのは当たり前だろう。

数メートル下の燃料を含むデブリの温度は分かっていない。



◯ 実際にはいくらでも方法はある。

熱電対という温度計は放射線環境でも十分測定可能だが、誰も持って行くことは出来ない。

ロボットなどを投入することも高線量下なので不可能だろう。

ならば、原子炉建屋の外部に穴を掘り、建屋外部から計ればよいだろう。

熱伝導は間のコンクリートなどの厚さなどは分かっているのだから、

熱源の温度を推定することは出来る。

 このほか、以前に自発核分裂か臨界かで大きな騒ぎになったが、

これも中性子束計測装置を原子炉建屋の外壁に設置すれば分かることだ。

 「冷温停止」などという、実態にそぐわない評価をいくらしても意味が無い。

むしろ実態を正確に伝える方が遙かに役に立とうというものだ。

by Addionuke | 2011-12-17 22:34 | 関連ニュース
<< STOP ODAの魚缶詰「東北... 脱原発世界会議 2012年1月... >>