大阪から吉報 住民投票のための署名、法定数をクリア

朝日新聞オンラインから

a0235164_17553117.jpg 
原発の是非問う署名審査、
法定数超え約5万5千に 大阪


東京都と大阪市で原発の是非を問う住民投票の実施を目指す市民グループ
「みんなで決めよう『原発』国民投票」が大阪市民から集めた署名について、
大阪市選挙管理委員会が審査した結果、有効な署名数が投票実施を
市長に求めるのに必要な法定数(有権者数の50分の1)を上回った。
市選管は午後に正式発表する。





 地方自治法による大阪市の法定数は4万2673人分。市民グループは
12月10日から1カ月かけて約6万1千人分を集め、市選管の3日午前までの
審査で約5万5千人分が有効とされた。
1週間の一般公開(縦覧)を経て確定する。

 市民グループは近く、投票を実施するための条例制定を橋下徹大阪市長に
直接請求する。橋下市長は請求から20日以内に賛否などの意見書を添えて
条例案を市議会に付議する。投票の実現には市議会での過半数の賛成が
必要で、焦点は議会での審議に移る。
by Addionuke | 2012-02-03 18:07 | 関連ニュース
<< NHKの低線量被ばくドキュメン... 「脱原発テント撤去問題」、次の... >>