希望の在りか ~ 死に続けるのでなく、生き続けるために


「人はそう簡単に他人を救えない。けれど、人は人にしか救えない」
河野アミさん、必読インタヴュー:小林麻里さん

http://amigo.lekumo.biz/kibounoarika/2013/04/kobayashimari.html

....東京や私の故郷である名古屋は、すでに狂騒的な明るさを取り戻しているのかもしれない けれど、福島で暮らしている私たちは、今も光を見つけようと必死にもがいてます。崖っぷちのギリギリのところで一筋の光を見つめながら、落ちていかないよ う、手を取り合って、連なって生きていこうとしているんです。そんな時に必要なのは、哀れみや同情じゃないんですよ。そうではなくて、小さな希望を見つけ て生きていこうとしている私たちの在り方と共にあってほしい。そして、そういう在り方こそが、狂騒的に見えても実は危機的な気持ちを抱えている福島以外の 人たちにも必要なんじゃないかと、私は思うんですよね。...

サイトには、ほかにも、藤波心さんなど、河野さんのすばらしいインタヴューが掲載されています。
また、彼女たちの物語 after 3.11も「聞く」こと、「わかろうとする」努力の大切さを痛感させてくれる物語、お勧めのインタヴュー集です。
by addionuke | 2013-05-01 19:11 | お奨めリンク ― 原発関係
<< 子どもの日、おめでとう 2013 原発新規制基準の「5年猶予」と... >>