カテゴリ:キャンペーン最新ニュース( 53 )

グローバルキャンペーン《京都を守って!》第二弾 高浜原発再稼働阻止を京都府知事に要請

福島第一原発からちょうど4年。放射能汚染に懲りた市民の反対は強く、国内すべての原発が停止してすでに1年半が経ちます。しかし、原子力利用再開 を急ぐ日本政府は、安全確保もないまま、再稼働へ突進。その第一号が、若狭湾の高浜原発だと言われ、関西の水源である琵琶湖や、世界遺産を数多く抱えた京 都が、住めない土地になる危険に曝されています。

京都府知事に、過去、現在、未来の日本はもちろん、世界に対する絶大な責任を自覚し、再稼働に反対するよう、国内外から呼びかけましょう。

a0235164_16332071.jpg

大飯原発再稼働反対運動を海外からもサポートしようと、2012年初夏、資料センター《雪の下の種》が行なった署名キャンペーン《京都を守って!》。
福島原発事故からちょうど4年にあたる今年の3月11日に、今回は、年内に再稼働が危ぶまれる高浜原発について、京都府知事に反対に尽力するよう求める Change.orgのキャンペーン《京都を守って! 2015》がスタートしました。
Change.orgのキャンペーンのページに氏名とメールアドレスと郵便番号と国を入力して「賛同」をクリックすると、自動的に下記アピール文の日本語&英語のメールが下記の四人に届けられます。
山田府知事宛てに府の広報課
府民生活部防災・原子力安全課 府民生活部防災・原子力安全課
府民生活・厚生常任委員会 巽昭副委員長
府民生活・厚生常任委員会 安田守副委員長

署名サイトには、日本語、英語のほか、アピールのフランス語、イタリア語、スペイン語の翻訳も掲載されていますので、ぜひ、京都を愛する海外のお友達やお知り合いにも広めて、賛同を呼びかけてください。
ご協力、お願い致します。

資料センター《雪の下の種》 (イタリア・ピサ)

アピール文


More
by Addionuke | 2015-03-19 16:45 | キャンペーン最新ニュース

川内(せんだい)原発再稼働やめろ!パブコメキャンペーン

http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4900 から

「ひとこと」で良いので必ず、意見を述べよう!! 
提出締め切り8月15日(金)24 時まで
直接入力する場合は→
http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html

こちらのパンフレット「川内原発~避難計画のここが問題 これでは命は守れない!(カ
ラー版 8頁)」(FoE Japanからシェア)もぜひ参考にしてください。
a0235164_21481154.jpg

a0235164_2148479.jpg

a0235164_21492594.jpg

a0235164_21495435.jpg

a0235164_2152196.jpg

a0235164_21523938.jpg

a0235164_2153447.jpg

a0235164_21532434.jpg

by addionuke | 2014-07-30 21:56 | キャンペーン最新ニュース

いまこそ原発を問う 後藤政志 講演 - 主催 早稲田大学 現代思想研

" target="_blank">
by addionuke | 2013-12-09 18:07 | キャンペーン最新ニュース

フクシマ連帯アピール from Peaceboat

2013年 5月17日
第79回ピースボート船上にてa0235164_16242054.jpg

序文
 
 福島で起きた壊滅的な原発事故は、一国の問題ではなく世界の問題である。
 この事故は現在も進行中であり事態は絶えず変化しており、解決にはほど遠い状況である。
 高放射線量地域に住む約200万人の住民は、現在もこの事故による影響を受け続けている。
 この宣言を作成している時点で、被災者は誰一人として恒久的な再定住に関して公式な支援を受けていない。
 私たちは、ピースボートの第79回ピースボート地球一周航海に集結し、直接被災した方々から福島に関する状況について学び、情報の共有を行い、議論した。
 そして福島の人々に連帯のメッセージを送る。
 この議論を通して国際社会の代表は、過度の人権侵害が行われていると結論づけた。
私たちは福島県在住者や原発立地市町村長、国際社会および各国首脳に以下のことを呼びかける。

1.原子力事故の被害における認識
 福島での原発事故は国際原子力機関(IAEA)の国際原子力事象評価尺度(INES)に基づいてレベル7に分類された。しかし日本当局は事故が自然災害であると主張しつづけており、地震が多発する地域に原子炉を設計・建設した国や東電、GE、東芝、日立の責任、および放射線の健康リスクを過小評価した責任を軽んじている。
 現在まで、設計不良で建設された認識される原子炉の故障によって危険線量の放射線に被曝した被災者に対し賠償金は支払われていない。
・福島第一原子力発電所の事故は原発災害であり、深刻で長期的な放射線の脅威を生物や環境に与えていることを公に認めるよう日本政府に要求する。

2.身体の安全と福祉を受ける普遍的な権利の保護


 世界人権宣言の第3条には「すべての人は、生命、自由及身体の安全に対する権利を有する」と書かれており、一方、第25条1項には、「すべての人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設などにより、自己及び
家族の健康及び福祉に十分な生活水準を保持する権利並び失業、疾病、心身障害、配偶者の死亡、老齢、その他不可抗力による生活不能の場合は、保障を受ける権利を有する」とある。福島第一原子力発電所の事故により被害を受けた日本国民の安全は国によって保障されなければならない。 
 長期的に医療診断や病歴の調査および記録を残すことは非常に重要である。このためには、これらの過
程に対する独立性を持ち透明性のある管理方法を作ることが必要である。
 日本の医師は、被災者一人一人の長期研究を通して今回の大惨事における医学的影響について体系的な調査を行うために国民の信任を得る必要がある。

3.福島の全ての被災者の速やかな再定住の保障
 私たちは(自然環境の放射能を除く)あらゆる放射能に曝されることは人間にとって危険であると強く信じる。
 現在、福島の住民は常に危険なレベルの放射能に曝されている。
 福島第一原発の事故前までは年間1ミリシーベルトが安全な許容量の上限とされていた。
 この標準は、すでに人間の健康を危険に曝しているが、事態が進むにつれて年間20ミリシーベルトまで
緩和されてしまった(ほとんど原発労働者が健康に影響を受けると見られる量に等しい)。
・行政当局から必要な全ての援助と保障を受け、安全な環境に再定住することは、放射能に曝された者の権利である。
・私たちは、即時に再定住を必要とする人々の数を認識し、事故前の年間1ミリシーベルトの安全基準に引
き戻すことを、日本国政府に要求する。
・私たちは、最終的には全ての被災した国民の恒久的再定住のための資金を提供することを日本国政府に
要求する。

4.安全な生活圏を保証する中での子供の権利の支持

 世界人権宣言の第25条2項(母と子とは、特別の保護及び援助を受ける権利を有する。すべての児童は、嫡出であると否とを問わず、同じ社会的保護を受ける」と書かれている。
 子どもは特に社会的弱者である。東日本大震災の被災者の子供たちを保護するための法的な枠組みは存在はするが、目下有効に実施されてはいない。
 私たちは日本国政府が、2014年3月31日までに子供たちを保護する既存の法令を実行するための、
実際的且つ有効な対策を講じることを要求する。

情報入手の手段の確保
世界人権宣言の第 19条では「全ての人は、意見および表現の自由に対する権利を有する。この権利は干渉を受けることなく自己の意見を持つ自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越えると否とに関わりなく情報および思想を求め、受け、及び伝える自由を含む」と規定している。福島第一原発の作業員を含む被災者は、放射線量および、刻一刻と変わる原発の実情に関する正確かつ包括的な情報を、独立した研究所から無制限に入手する権利を有する。広島や長崎の被爆者に対して行われた容認しがたい対応とは異なり、福島の住民は自身の全医療記録にアクセスし、そのコピーを入手できるようにすべきである。


政治参加および参加可能な意思決定

世界人権宣言の第21条の第1項では、「全ての人は、直接に、または自由に選出された代表を通じて自国の政治に参与する権利を有する」と謳っている。しかし個人や地方自治体は、国の意思決定プロセスに十分に介入できない。もし、それが可能であれば、現在日本が依存している原子力エネルギーの代替策や再生可能エネルギーへの転換に関する対話を始める一歩にもなる。

私たちは日本国政府に直ちに行動を起こすことを緊急に訴えたい。
そして国際社会に対し、これらの問題提起を適切な場所で行うこと、そして関係当局に圧力を掛けていくよう
緊急に呼びかける。

by addionuke | 2013-05-18 16:26 | キャンペーン最新ニュース

斜塔の下から、REMEMBER FUKUSHIMA 誓いの灯篭上げ

このキャンペーンの協賛団体でイタリア最大の環境保護NGOレーガンビエンテのピサ支部の人たちによるデモンストレーションです。雨に怯えながら、色々と準備には苦労も多かった企画。どうもありがとうございました!

a0235164_723913.jpg

a0235164_22361389.jpg

a0235164_771192.jpg

by addionuke | 2013-03-12 22:33 | キャンペーン最新ニュース

ピサの斜塔の下から、原子力にノー!

a0235164_18371122.jpg
a0235164_18251812.jpg

a0235164_18233729.jpg

by addionuke | 2013-03-11 18:38 | キャンペーン最新ニュース

イタリア最大の環境保護団体レーガンビエンテ事務局長から 日本の3.9~11への熱い応援メッセージ



2011年6月、イタリアでは、2700万人の国民が国民投票で原発にノーと言いました。
そのたった3か月前に起きたフクシマの悲劇は、原発がいかに危険な選択であるか、イタリアや日本に必要なのはきれいで安全なエネルギーであることを痛感させてくれました。

それだけに、私たちは、日本のみなさんと連帯し、あの悲劇のもたらした苦しみに今もなお晒されているお母さんや子供たちの苦しみを思わずにはいられません。
イタリアのレーガンビエンテは、日本のみなさんと連体して、脱原発運動に賛同します。
そして、日本でもまた、原発にさよならし、きれいなエネルギーと国民の安全と平和にイエスを言うための国民投票が行われるよう、わたしたちはイタリアで祈っています。
by addionuke | 2013-03-07 09:14 | キャンペーン最新ニュース

2013年を、さよなら原発元年に

a0235164_214173.jpg


明けましておめでとうございます。
2013年は、さよなら原発運動にとって、どんな年になるのでしょうか。

久々のアップは、昨年12月の資料センター《雪の下の種》の活動報告から。
以下、用意が出来次第、順番に書き込んでいきます。

12月14日 Nuclear Free Now! 脱原発世界会議の海外ゲストとともに福島視察(福島市~飯舘村~南相馬~浪江町~伊達市小国~福島市)。

12月15日 脱原発大集会&大行進(東京・日比谷)

12月16日 脱原発世界会議(東京・日比谷)

12月17日 脱原発世界会議 終了後のミーティング(東京・大手町)

12月18日 イタリアが脱原発できたわけ
        脱原発世界会議ゲスト モニカ・ゾッペさんを囲んで (京都)

12月26日 若狭湾原発銀座を訪ねて ~ フォトジャーナリスト豊田直巳氏と
地元の「プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会」の石地優氏に同行

12月31日 公害訴訟から原発訴訟へ ~ 近藤忠孝弁護士に聞く

とりあえずは、写真を少し。

from 福島視察
a0235164_22345128.jpg
a0235164_2234173.jpg

a0235164_22365799.jpg


from 脱原発大行進
a0235164_2354295.jpg

a0235164_2365414.jpg

More
by addionuke | 2013-01-07 00:26 | キャンペーン最新ニュース

イタリアが脱原発できたわけ ~ 国民投票キャンペーンについてモニカ・ゾッペ氏インタヴュー

週刊金曜日 12月14日号掲載

a0235164_1374170.jpg

by addionuke | 2012-12-21 00:33 | キャンペーン最新ニュース

繋がり始めたヨーロッパの「よそもの」たち

イギリスで金曜毎に乞うご行動をしているグループ、JANの小野のぶひこさんから、
12月1日に行なわれたアクションの記録についてお知らせいただきました。

詳しい報告はこちらで読めます。
http://januk.org/blogpages/1201report.html



ヨーロッパのあちこちに存在する点と点が徐々に繋がりつつあります。
「よそもの・せかい」ネットワークのサイトは、http://yosomono-net.jimdo.com/
FBは、http://www.facebook.com/Yosomononetto
by Addionuke | 2012-12-09 06:51 | キャンペーン最新ニュース