カテゴリ:キャンペーン最新ニュース( 53 )

緊急アクション ― 政局の流動性を逆手にとって

(このメールは、脱原発嘆願書署名について、これまでに色々とお力を拝借したり、
協力のお申し出を頂いた方に、事前承諾をお願いする意味もこめてお送りします。)


皆さま、


 残暑お見舞い申し上げます。

 先日、嘆願書提出を9月の脱原発アクションウィークに延期する旨、
お知らせしましたが、その後も、ますます好ましくない方向へと
向かっている日本の政局の様子を前に、じっと待ってもいられず、
昔から反核運動のロビイングで世界を飛び回っている旧友などとも
相談して、次のような新しい作戦を考えました。

 9月8日に締め切る署名は、第一次締め切りで集まったものと
一緒に、予定通り、アクション・ウィーク中に帰国中の仲間の手で
首相官邸に届けてもらいます。

 しかし、それとは別に、第一次締め切りまでに集まった81人分の
署名(氏名と居住都市)を添えた嘆願書を、メールで近日中に
首相官邸へ送り、同時に、民主党代表選の立候補者全員にも、
当選したら是非実現してほしいメッセージとして、メールまたは
ファックスで送ろうと考えています。
 (告示から選挙までが週末にかかってしまいますが、仕方なし。
確実に立候補する人には、金曜日に送ってもいいでしょう。)

 そして、そうする旨を、主要紙、通信社等に予告して、できるだけ
報道してもらえるように働きかけます。

 前述の友人曰く、現在は『脱原発』という言葉そのものに一種の
拒否反応を抱いている国会議員が少なくないらしいとのこと。
メディアも、傾向的には然りで前途多難ですが、現実を直視し、
常識的に考えれば、日本にとって他に道はないことを、何と
してでも、繰り返し訴えていくしかないのだろうと思います。

 以上、ご意見、アドヴァイス等、おありの方は、ぜひご連絡
くださいませ。

 また、来月8日締め切りの署名活動への勧誘も、引き続き
よろしくお願い致します。


*,**,**,**,**,**,**,**,**,**,*
   《資料センター《雪の下の種》
 Centro di documentazione
  "Semi sotto la neve"
*,**,**,**,**,**,**,**,**,**,*
by Addionuke | 2011-08-23 00:24 | キャンペーン最新ニュース

ドイツから、力強い援軍です。

明日うらしま・在ベルリンジャーナリスト・梶村太一郎の反核覚え書き

で取り上げて頂きました。

日独伊脱原発三国同盟への第一歩を
http://tkajimura.blogspot.com/2011/08/blog-post_16.html



                           梶村さん発案の日の丸です。

by Addionuke | 2011-08-16 17:09 | キャンペーン最新ニュース

脱原発嘆願 署名活動再開のお知らせ

皆さま、

(このメールは、イタリアから日本政府に脱原発を求めるアピールに署名して下さった方々にお送りしています。)

◆糠喜び◆
署名集計のご報告を終えて、あとは提出に行ってもらうだけと安心したのもつかの間。

菅首相が退陣時期を明らかにしたために、嘆願書の受領窓口を引き受けてくれていた与党の国会議員から文字通りのドタキャンを食らい、提出を9月に延期、署名収集活動を再開することになりました。

詳細は資料センターHPに更新情報掲載しましたが、http://www.semisottolaneve.org/ssn/a/34464.html以下の通りです。

続きを読む
by Addionuke | 2011-08-12 08:27 | キャンペーン最新ニュース