カテゴリ:ことの起こり( 3 )

寄せられた賛同のメッセージから

最初の呼びかけメールから署名活動開始までに寄せられたメッセージの抜粋です。
発言者名はすべてイニシャルで統一させて頂きました。

「嘆願書」は、これらのメッセージをもとに、相手(政府)に耳を傾けてもらうことを
狙いつつ、さらに、被災地支援活動などの経験も踏まえて、文章作成チームが
2日間にわたって議論を重ね脱稿したものです。


~ * ~ * ~ * ~

みんなの声
by Addionuke | 2011-07-30 06:46 | ことの起こり

いっしょに手紙を書こう!― 原発ぬきの日本か、原発だけが残った日本か・・・

皆さま、

月曜日に14名ほどの方にお送りしたメールに、
今朝までに10名の方から、賛同もしくはそれに
近いと思われるお返事を頂きました。
(うちお二人は、CC.の石山奈緒さん@Pesaro
からのお誘いでのって来て下さった方です。)

夏休みに入っている方もいらっしゃるだろうし、
タイミングが悪いかな、と懸念していたので
とっても嬉しいです。
まず何よりも、お礼を申し上げます。

さて、早速、どのように話を進めるかについて、
以下に簡単な質問状をお送りしますので、
ご回答をお願いします。

キックオフ・アンケート
by Addionuke | 2011-07-22 09:30 | ことの起こり

もとはといえば、ほんの1通のメールから・・・

イタリアの脱原発と日本の原発の行方

(Bccで失礼します。)

暑中お見舞い申し上げます。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、イタリアにいらっしゃる日本の方
(あるいは、そのおつれあい)で、読んで下さりそうな
方にあてて、このメールをしたためる決心(!)をしました。

もし、お気に触るようでしたら、無視してくださっても、
あるいは、その旨をお知らせくだされば、今後は
お邪魔しないことをお約束します。

用件は、日本の「脱原発」をめぐり、国民投票で
その方向に舵を切ったイタリアから、何かしらの
かたちで一緒にその動きに声援を送ることが
できないかというご相談です。

「最初のメール」のつづきを読む
by Addionuke | 2011-07-18 16:21 | ことの起こり