<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イタリアから、ヨーロッパから ~ 日本の脱原発にエールを!

~ 消費者連盟Newsの記事から ~

はがき1枚でできる、ちいさな応援

あさこはうすに  メッセージをとどけよう!


郵便が配達されれば、そこに人の暮らしがあることが伝わり、MOX燃料というプルトニウムと

ウランの混合燃料だけで運転する原発建設を進める「原電開発」も無視できなくなります。

ぜひお手紙を書いてみてください。

宛先
〒039-4601 青森県下北郡大間町 大字大間 字小奥戸396 あさこはうす
小笠原 厚子 様


みなさんも、今年のクリスマスには、

あさこはうすにカードを1枚送ってみませんか。


More
by Addionuke | 2011-11-30 11:12 | キャンペーン最新ニュース

STOP 原発輸出 ~ ベトナム ~

日本政府と企業が深く関わろうとしているベトナムの原発建設についてのリンクをいくつか。

◆ FoE Japanが11月上旬に実施したベトナムの原発建設予定地の訪問報告を掲載

ベトナム原発建設予定地訪問記(1)
 ニントゥアン省第2原発予定地(日本が受注予定の原発)にて

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-4558.html

ベトナム原発建設予定地訪問記(2)

原発によって失われるもの

第2建設予定地のタイアン村の周辺は、乾燥した土地に、灌木と巨大な石が織りなす特異な景観で、2003年に国立公園に指定されている(Nui Chua国立公園)。また、ウミガメの生息地ともなっている。

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2432.html

ベトナム原発建設予定地訪問記(3)

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-4b54.html

(満田夏花/FoE Japan)


◆ 東京新聞 2011年11月23日  特報欄

「原発輸出」 現地ベトナムでは
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011112302000050.html

(ただし、リード文のみ)


▽▲ コメント ▽▲

先日、ハノイに留学中の若い友人から、こんな話を聞きました。

ベトナムの市民にはほとんど情報が伝わっていない上に、原発反対の運動を起こせる自由がない。

「NGO」と称する団体はいくつかあるが、設立の際には政府関連のどこかの機関と連携することが

義務付けられており、独立した主張ができるとは到底考えられない。

だから、たとえ情報があっても反対すれば死活問題になるだろう。

さらに、日本人に対する過剰な信頼感、賢いという先入観、あこがれが一般市民の間にあるため、

「原発問題はまだ日本でも危ない状況にある」と言っても、「日本なら大丈夫、解決できるわよ」と

いう返事しか帰って来ない、とのこと。


つまり、この計画を止めてベトナムとその近隣諸国が放射能汚染にさらされる危険を阻止する

その責任は、だれよりも日本と日本の市民が担うべきだと言えるかもしれません。

                                    資料センター《雪の下の種》

by Addionuke | 2011-11-27 00:22 | 関連ニュース

脱原発の日のブログ

脱原発に関わる最新情報が頻繁に更新されるブログです。
ぜひ訪れてみてください。

脱原発の日のブログ

(以下、ブログより引用)
12月8日は15年前もんじゅが事故を起こして止まった日。この日を「脱原発の日」として、原発電力の上にある不安な現実から、自然エネルギーで地球上のすべてのいのちたちと共生できる責任と希望をもった、未来につながる道を見つけて行きたい。
by addionuke | 2011-11-23 04:31 | お奨めリンク ― 原発関係

売れない放射能汚染食品を税金を使って「援助」の名で輸出?!

◆ 前置き ◆
いささか古いニュースですが、9月14日時事通信の配信でこう報道されました。

「外務省は14日、2011年度第3次補正予算編成に向けた要求項目をまとめた。

東日本大震災の復興支援のため約50億円を要求。

被災地で生産された工業製品や水産加工品を政府開発援助(ODA)として、

開発途上国に提供する事業などを盛り込んだ。
 

原子力関連では約10億円を計上し、福島第1原発事故の収束や土壌の除染に向けて

国際原子力機関(IAEA)の専門家ミッションを招請。

また、アジア太平洋地域の青少年を被災地に招いて復興をアピールする「キズナ強化プロジェクト」

(約70億円)を推進する。 

[時事通信社]


この破廉恥極まる行動を止められるのは、

市民やNGO同士のネットワークのほかにはありません。

日本の市民から輸出先国の市民への呼びかけ、

とくに途上国にネットワークのある方々のネットワークを通して

警戒を呼び掛けるアクションを広めるよう、求めています。


Campaign for Nuclear Free Japan のサイトより
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11079875826.html


…<ODAの魚缶詰>案は可決されたため、

外務省は参議院国会終了後に実行する予定で、対象国を調査始めた。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/yosan/23/pdfs/h23_hosei3_gy.pdf#search=


外務省第三次補正予算要求案件の6Pが本案件

a0235164_2261518.jpg


Campaign for Nuclear Free Japan のサイトからの転載のつづきを読む
by Addionuke | 2011-11-23 01:55

国民の税金で行なわれる脱原発メディアへの言論弾圧 ~ ここまでやるとは…

電力会社の秘密警察を務めたエネ庁と科学技術館


東京新聞20日朝刊 1面

「反原発の記事中傷 エネ庁への報告」http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011112090071559.html
a0235164_20121137.jpg

反原発の
記事中傷 
エネ庁への
報告 
詳細判明

2011年11月20日 07時15分
 
経済産業省資源エネルギー庁(エネ庁)がメディアの原発報道を監視してきた問題で、チェックされた報道の詳細が、本紙が情報公開請求で入手した同庁資料で分かった。エネ庁は事業の趣旨を「不正確な報道の是正」と説明してきたが、事実関係が正しいかどうかにかかわらず原発の推進に反する記事が収集され、「低俗な社説」「勝手な反対派を勇気づけるだけ」などと中傷されていた。

 資料によると、二〇〇八~一〇年度までの三年間で新聞や週刊誌の記事計二百七十五件が「不正確」として報告された。事業は外部委託で行われ、各年度とも異なる財団法人が受注しており、いずれも電力関係者らが役員を務めている。

 報告記事は、原発に関する日々のニュースを伝える一般記事のほか、社説、読者投稿、広告まで及び、漫画も含まれていた。

 地球温暖化対策として原発推進に言及した環境相に苦言を呈した二〇〇九年九月三十日の南日本新聞の社説に対しては「このような幼稚な社説を掲載する論説委員の質が問われる」と指摘。原発反対を訴え徒歩で旅をする男性を取り上げた同年四月十四日の佐賀新聞の記事には「目立ちたがりの行動をなぜ写真入り、三段抜きで報道するのか。勝手な反対派を勇気づけるだけで、社会の大多数のための政策の推進を阻害する」と報告した。

 同年一月六日の朝日新聞に掲載された電機メーカーの広告は、太陽光発電への取り組みをPRする内容で原発に触れていないにもかかわらず「原子力の数倍の発電量を生み出せるような誤解を招く」と指摘していた。

 報告された二百七十五件の八割は、主に原発が立地する自治体をエリアとする地方紙の記事で、最多は県内に伊方原発がある愛媛新聞の二十八件。以下、柏崎刈羽原発を抱える新潟日報が二十五件、玄海原発がある佐賀新聞が二十一件と続いた。

 新聞や週刊誌を対象とした同事業は昨年度で終了しているが、本年度はブログやツイッターなどのインターネット情報に対象を変更して継続。外部委託費の総額は四年で一億三千万円に上る。エネ庁によると、これまでメディアに訂正を求めたことは一度もない。


つづきを読む
by Addionuke | 2011-11-20 19:35 | 関連ニュース

緊急署名2件 ② 原発輸出はやめて!

緊急国際署名:
日本政府は原発輸出推進政策を即刻止め、
世界の脱原発をリードしてください


http://www.foejapan.org/energy/news/110831.html

■要請
私たちは日本政府に以下を要請します。
1. 原発輸出推進政策を即刻止めること
2. 現在ある原発輸出計画を白紙にすること
3. 世界の脱原発の実現のためのリーダーシップを発揮すること


署名〆切 日本時間で11月19日 日本時間午前11時 
イタリア時間午前3時 (必着)まで署名できます。
海外からも是非賛同を!

英文リンクはこちら: http://www.foejapan.org/en/news/110831.html


イタリア語訳(by Carlo Gubitosa Peacelink) はこちら
http://www.semisottolaneve.org/ssn/a/35032.html" target="_blank">http://www.semisottolaneve.org/ssn/a/35032.html

11月15日 日刊紙 il manifestoのコラム Terraterra にも掲載されました。
http://www.ilmanifesto.it/attualita/terra-terra/?tx_maniabbonatimvc_pi2%5Bargomento%5D=ENERGIA&cHash=8ff37be6d687c48b2bf66b0e9f2bd133

◆ 第一次署名提出についての報告 ◆
     主催団体 国際環境NGO FoE Japan 【プレスリリース】より

9月16日、322団体(国内84、海外238)、および4,469個人(国内3,517、海外952)は、日本政府が原発輸出政策を即刻止め、世界の脱原発をリードするよう求める署名を提出・・・
http://www.foejapan.org/energy/news/p110916.html


趣旨を読む
by Addionuke | 2011-11-19 23:21 | NEW! ほかの署名活動

読んでおくと、物の見方が変わるかもしれない本 2

☆ ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸
アーサー・ビナード (著), ベン・シャーン (イラスト)


単行本: 56ページ
出版社: 集英社
ISBN-10: 4082990151
ISBN-13: 978-4082990152
発売日: 2006/9/26
商品の寸法: 25.8 x 18.4 x 1.2 cm

ベン・シャーンの名画が絵本になった。
米国の国民的な画家ベン・シャーンの『石に刻む線』と、詩人アーサー・ビナードの温かく力強い言葉が、第五福竜丸を通して、反原水爆を訴えます。子供から大人まで。読んで考え、語り合って下さい。

内容(「BOOK」データベースより)
まえからうわさはながれていた。アメリカが水爆という爆弾をつくって、それをどこか南の島でためすかもしれないと。マーシャル諸島のビキニ環礁で、3月1日夜あけまえに爆発させたのだ。広島で14万人をころした原爆より、1千倍も大きい爆弾だ。リトアニア生まれのアメリカ美術の巨匠と、アメリカ生まれの日本語詩人が、歴史の流れを変えた日本の漁師23人といっしょに乗り組んで、海に出る。

☆ 大石 又七
これだけは伝えておきたいビキニ事件の表と裏
            ―第五福竜丸・乗組員が語る


単行本 167ページ
出版社:かもがわ出版 
ISBN-10: 4780300959
ISBN-13: 978-4780300956
発売日: 2007/07
商品の寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm

内容(「BOOK」データベースより)
一九五四年三月一日未明、著者は中部太平洋のビキニ環礁近海でのマグロ漁の途上、アメリカの強大な水爆実験に遭遇した。本書は、ビキニ水爆被災事件についての最も重要な証言者が、渾身の筆力を込めて執筆した熱い語りかけである。


☆ 大石又七
矛盾   ビキニ事件、平和運動の原点


単行本: 283ページ
出版社: 武蔵野書房
ISBN-10: 494389898X
ISBN-13: 978-4943898986
発売日: 2011/09
商品の寸法: 19.1 x 13.1 x 2.2 cm

英訳
☆  The Day the Sun Rose in the West  Bikini, the Luchy Dragon, and IUniversity of Hawai'i Press, 2011 transl. by Richard H. Minear

☆ 豊田直己
フォト・ルポルタージュ
フクシマ原発震災のまち

(岩波ブックレットN. 816)

単行本(ソフトカバー): 80ページ
出版社: 岩波書店
ISBN-10: 4002708160
ISBN-13: 978-4002708164
発売日: 2011/8/11
商品の寸法: 21.3 x 15 x 0.9 cm

内容紹介
収束の兆しが見えない福島原発事故。数々の紛争地を取材してきた著者は、震災直後から福島に入り取材を重ねる。生活の痕跡を残しながらも人影の消えたまち、放射能汚染や行政の対応に翻弄される住民たち、作業員の語る原発労働の内実……。被災者たちの生の声とともに、原発震災下の実態をカラー写真とルポで描き出す。


☆ 園良太
ボクが東電前に立ったわけ


単行本: 144ページ
出版社: 三一書房
ISBN-10: 438011001X
ISBN-13: 978-4380110016
発売日: 2011/9/1
商品の寸法: 18.8 x 12.9 x 1.5 cm

内容紹介
―3・11原発事故に怒る若者たち― 街へ出よう! 原発を止めよう! 僕らがつながれば世界は変えられる!! 3・11大震災と原発事故。最悪の事態が今も続く中に見出した希望― 脱原発をめざし、動き出した若者たちのたたかい


☆ 田中優
原発に頼らない社会へ
  こうすれば電力問題も温暖化も解決できる


単行本: 160ページ
出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2011/4/21)
ISBN-10: 4270006455
ISBN-13: 978-4270006450
発売日: 2011/4/21
商品の寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm

内容(「BOOK」データベースより)
福島第一原発事故は予想されていた。柏崎も活断層を心配した住民の反対を押し切って建設され、事故を起こした。なぜ東京電力は原子力発電所を造りたがるのか?造れば儲かるからだ。国民の安全と引き換えに生み出された原発は、いったい誰のためのものなのか?田中優が問題点に鋭く切り込み、画期的かつ現実的な代替案を投げかける!もう電力会社には任せられない。日本経済が破綻する前に考えるべき、これからのエネルギーのあり方。


☆ 鎌仲 ひとみ
ヒバクシャ―ドキュメンタリー映画の現場から


単行本: 233ページ
出版社: 影書房
ISBN-10: 4877143475
ISBN-13: 978-4877143473
発売日: 2006/03
商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 1.6 cm

内容(「BOOK」データベースより)
映画『ヒバクシャ―世界の終わりに』で、普遍的な脅威としての“低線量被曝”を追究した映像作家による制作ドキュメント。『水俣』の土本典昭監督との対談を収録!映画『ヒバクシャ』完全シナリオ。劣化ウラン弾等の解説資料・付。
by Addionuke | 2011-11-18 23:56 | お奨め図書

緊急署名2件 ①

福島の子供たちを救うために残り48時間


http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children

11月10日いっぱいは署名できるはずです。


◆ 結果報告 ◆ Avaazのメールより

すばらしい結果です!わずか3日間で12万もの人々が団結し、福島の子供たちを救うため抗議の声を上げました。そして先週金曜日、私たちのメッセージは日本の非政府組織グリーン・アクションによって総理大臣に届けられました。大きな第一歩を踏み出しましたが、道のりはまだまだ先です。
・・・・
油断することなく、私たちの声が聞き届けられるよう行動しなければなりません。そこで、次に私たちが何をすべきか決めるため、調査質問を短くまとめました。下をクリックして、次に取るべき行動を一緒に決めましょう:

http://www.avaaz.org/jp/japan_reportback_and_poll/?vl

8ヶ月間もの間すべては安全だと言い続けてきた政府にとって、福島周辺の事態がどれだけ深刻か認めるのは、容易なことではないでしょう。しかし私たちは事実がまったく逆であることを、すべてが安全ではないということを知っています。そして今、大勢の日本の人々が抗議の声を上げていけば、こういった政治家による言葉のあやを断ち切り、人々を救い復興に向かって進んでいくことができるのです。





by Addionuke | 2011-11-16 12:12 | NEW! ほかの署名活動