<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大飯原発 ~ 活断層の危険性 


適切評価なく原発再稼働容認できぬと専門家

NEWS ポストセブン 7月24日(火)16時6分配信

 原発周辺で見過ごされている活断層をいくつも指摘し、「評価をやり直すべき」と訴えてきた渡辺満久・東洋大学教授(変動地形学)。そして今、全国で唯一運転が再開された大飯原発の敷地内に、活断層の存在が疑われている。6月末に現地を視察した渡辺教授が、新たに判明した重大な事実を報告する。

a0235164_23164255.jpg

(破砕帯だらけの原発立地、写真提供・資料センター《雪の下の種》)
 * * *
 原発の危険性ばかり訴えているため誤解されがちだが、私は再稼働に絶対反対ではない。代替エネルギーの少ない日本の現状を慮れば、原発の即全廃は非現実的だからだ。

 しかし、活断層の専門家としては、その危険性が適切に評価されない限り、再稼働を容認することはできない。それは、既に稼働した大飯原発も例外ではない。大飯の敷地内には1、2号機と3、4号機の間をF-6という破砕帯(断層)が南北に走っていることが判明しているが、これは後述する理由から活断層の疑いがある。

 しかも、6月27日に行なった現地視察では、新事実が判明した。施設の耐震設計上、最も重要度が高い「Sクラス」に位置づけられ、事故発生時に3、4号機の原子炉を冷やすための水を運ぶ非常用取水路がF-6断層を横断していたのだ。

 いくら耐震構造を強化しても、地盤そのものがずれると建築物は破壊されてしまう。F-6断層が動けば、これを横切る直径数mの取水管が壊れて3、4号機の原子炉が冷却できず、原発事故がより深刻化する懸念がある。

つづきを読む
by addionuke | 2012-07-25 23:19 | 関連ニュース

一人からでもできること ~ ドイツから、願いをこめて

今年1月に横浜で開かれた脱原発世界会議の参加者の一人、ドイツの環境保護活動家フランツ・ボッテンス氏から、6月にフランクフルトの日本領事館に野田首相あての脱原発嘆願書を手渡した模様のビデオと手紙について、お知らせがありました。

同じような行動は、その気になれば、世界各地で誰にでもできると思います。
提出の際には、必ず予めアポをとり、事務的な仲介をていねいに依頼する姿勢が成功のカギのようです。
地元のメディア(特に日本からの特派員)にも前もって知らせ、同行、報道してもらうと効果増大かもしれません。


提出された手紙(日本語)   英語はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=aq8XkNY0Fyk&feature=plcp


http://www.youtube.com/watch?v=zEGFXkVLaks&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=G2jYmOhAUQE&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=BxED3z9c-xA&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=QZXxpTEnRtw&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=gLF8voXbSTk&feature=plcp
by addionuke | 2012-07-22 10:00 | キャンペーン最新ニュース

明日うらしま ~ 梶村 太一郎さんのブログから

本日7・1大飯原発現地での再稼働反対非暴力直接抵抗行動を応援します
/追加:正門前での誇り高い見事な意思表示に世界中が瞠目


写真多数
http://tkajimura.blogspot.it/


本日、人間として、また生きるものとしての最低限の生存権を踏みにじる大飯原発再稼働強行に抵抗する、日本市民の非暴力不服従直接行動がおこなわれています。

ドイツ市民はこれをすでに3世代に渡って続けていることを、このつたないブログでもいくらかはお伝えしました。よって遠くから応援します。

現場のみなさま、座り込み行動で、ごぼう抜きにあっても警察官には徹底的に非業力で不服従を貫いて下さい。
警察官が実力行使に出ても、殴られたりして痛くても、冷静な声で再稼働反対を警察官の眼を見ながら、こころから訴えて下さい。それができた時に民主主義が巨大な核暴力を崩し始めるのです。
by addionuke | 2012-07-02 04:59 | 関連ニュース