<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

京都を守って! 京都府知事へのアピール 7月18日に第二次署名提出後も続行します!

NEW!!
日本語署名用紙 ダウンロード(PDF)
英文署名用紙 ダウンロード(PDF)
三つ折りカラーパンフレット、できました!  ダウンロードする


―> 署名サイト

グローバル・キャンペーン
本アピールは、在住県の知事に再稼働阻止を要請する6月26日~29日の日本国内一斉行動への呼びかけに応じるかたちで資料センター《雪の下の種》(イタリア・ピサ=日本・京都)が提起したもので、466筆の署名が29日朝メールで送付された後、7月18日には、資料センターの代表により1103筆が山田啓二京都府知事の代理、防災・原子力安全課の木村兼喜参事に直接手渡されました。(6月29日には、京都府内の自治体と地元のメディア等へも同時に送付済み)

一方、大飯原発の原子炉の地下には活断層の可能性もある破砕帯が走っており、担保に入れるべき安全の乏しさがますます浮き彫りになっているにもかかわらず、市民の発する「音」には耳を傾けまいとする政府によって、18日夜には4号機も再稼働に入ってしまいました。
これでは、とても休戦体制には入るわけにはいかず、したがって、キャンペーンは今後も当分継続します。

アピール文
by addionuke | 2012-08-31 13:31 | キャンペーン最新ニュース

スモールイズビューティフルと原子力

昔々流行ったこともある経済学者エルンスト・フリードリヒ・シューマッハーの『スモール・イズ・ビューティフル』は、1973年に英国で出版された著作。
とくに第二部第四章「原子力-救いか呪いか」を、(今一度)ぜひお薦めします。
E・Fシューマッハー著、スモール イズ ビューティフル 小島慶三・酒井懋訳、講談社、1986 p.176~

a0235164_3375711.jpg


つづきを読む
by addionuke | 2012-08-19 03:52 | お奨め図書

資料センターがfacebookに

本キャンペーンの世話役を務めてきた資料センター
《雪の下の種》がフェースブックのページを開設しました。

www.facebook.com/yukinoshitanotane


資料センターのHPにある情報は、その多くがイタリア語と英語ですが、こちらでは日本語(+英語)を中心に徐々にピックアップしていく予定です。
とりあえずは、これまでの主な活動をアップ中。

お時間があるときにでも、覗いてみてください。
a0235164_17463365.jpg

by addionuke | 2012-08-18 17:47 | キャンペーン最新ニュース

原発危険度:24基「即時廃炉」

超党派議員がランキング
http://mainichi.jp/select/news/20120629k0000m010100000c.html

毎日新聞 2012年06月28日 23時00分(最終更新 06月28日 23時10分)

 超党派の国会議員で作る「原発ゼロの会」は28日、全国の原発50基を経過年数や地盤の状況、周辺人口などで採点した「原発危険度ランキング」を発表した。危険度が最高だった日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県)など24基は過去の地震で被災したり、活断層上に立地していることから、点数に関わらず「即時廃炉にすべきだ」と位置付け、残り26基を危険度順に並べた。


つづきを読む
by addionuke | 2012-08-07 20:18 | 関連ニュース

2012年 広島 平和宣言

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/declaration/Japanese/2012/index.html
English text
a0235164_13245980.jpg

1945年8月6日8時15分、私たちの故郷は、一発の原子爆弾により灰じんに帰しました。
帰る家や慣れ親しんだ暮らし、大切に守ってきた文化までもが失われてしまいました。
――「広島が無くなっていた。何もかも無くなっていた。道も無い。辺り一面焼け野原。
悲しいことに一目で遠くまで見える。市電の線路であろう道に焼け落ちた電線を目安に歩いた。
市電の道は熱かった。人々の死があちこちにあった。」
――それは、当時20歳の女性が見た街であり、被爆者の誰もが目の当たりにした広島の姿です。
川辺からは、賑やかな祭り、ボート遊び、魚釣りや貝掘り、手長えびを捕る子どもたちの姿も消えてしまいました。
そして原爆は、かけがえのない人の命を簡単に破壊してしまいました。

全部読む
by addionuke | 2012-08-06 13:27 | 関連ニュース

関電 でんき予報の欺瞞 ~ 全然必要なかった大飯原発再稼働

関電「でんき予報」に“不信感” 任意調整できる供給力…数値は自由自在? (SankeiBizより)

8月1日中日新聞から
a0235164_16504125.jpg

by addionuke | 2012-08-05 16:51 | キャンペーン最新ニュース

「原発0%」7割支持 政府の意見聴取会終了

(朝日新聞  2012年8月4日21時13分)

政府が全国11カ所で開いたエネルギー政策の意見聴取会が4日終わり、2030年までに原発ゼロを求める意見が7割を占めた。政府は4日始まった討論型世論調査も含め、「国民的議論」を経てエネルギー政策を決めるとしており、脱原発を求める世論を受けとめるかどうかが問われる。
詳細グラフ

More
by addionuke | 2012-08-05 13:31

日本でもついに誕生、「緑の党」

【Ustream中継動画】 8・3「京都で!日本で!緑の党オープニングイベント」(IWJ 京都1より)

http://d.hatena.ne.jp/greens_kyoto/20120804/1344062974

by addionuke | 2012-08-05 13:23 | 関連ニュース

【緊急署名】 「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!

原子力ムラ」だらけの人事はもうたくさん。
これでは子どもたちは守れません!
署名サイト → 
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/


紙版はこちら(PDF)→ https://dl.dropbox.com/u/23151586/120725_shomei_jinji.pdf

締め切り延長=8月6日9時(日本時間)まで。 
まだ、間に合います!

一次締め切り:7月30日(月)午前9時 二次締め切り:8月2日(木)午前9時
「原子力規制委員会」の5人(田中俊一氏、更田豊志氏、大島賢三氏、中村佳代子氏、島崎邦彦氏)の国会同意人事案が複数のメディアに報じられました。
しかし、このうちの3人は、明らかに「原子力村」の人間であり、現在までの原子力推進政策の責任者としてその責任を問われるべき立場にあります。

More
by addionuke | 2012-08-05 08:39 | 関連ニュース

7.29国会包囲行動と連携、京都の関電包囲ぐるぐるデモ

暑い熱い京都から。
主宰者が丁寧に数えた数を380名参加と発表。(つまり、水増しした数ではありません。
でも、周囲にも、列には参加しないけれど、共感を示し、窓から「がんぱって~ぇ!」とエールを送る住民や、観光客、留学生などは少なからずいました)
スナップ写真を掲載します。

a0235164_16141374.jpg
a0235164_16144271.jpg
a0235164_16163686.jpg
a0235164_1615985.jpg

a0235164_16231070.jpg

More
by addionuke | 2012-08-03 16:24 | 関連ニュース