<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「京都を守って!」 第三次署名提出しました

昨日13日に、予定通り、京都府知事の代理、山田清司危機管理監に、
世界5大陸42カ国から集まった10日までに集まった全署名、
1411筆(オンライン1121筆+メールなど290筆)と署名サイトに残された
70のメッセージ(外国語は和訳)を無事、提出手渡しました。


皆様のご賛同と拡散へのご協力に改めて厚くお礼申し上げると同時に、
「フクシマ」がこの地球上で最後の原発惨事であり続けるよう、
ともに祈りたいと思います。

尚、オンライン署名は、若狭湾で稼働する原発がある限り、当面は維持され、
サインごとに知事にアピールがメールで送られます。引き続きご協力をお願いします。

資料センター《雪の下の種》 
Centro di documentazione 'Semi sotto la neve'  Pisa - Italia
info@semisottolaneve.org


a0235164_2105966.jpg
by addionuke | 2012-09-14 22:52 | キャンペーン最新ニュース

「京都を守って!」オンライン署名サイトに寄せられたメッセージ

13日の署名提出に際し、今回は、オンライン署名サイトに残された約70のコメントも、外国語は和訳し、署名リストと一緒に提出しました。以下に、内容を公開します。
尚、ごく一部ですが、知事に対するメッセージに該当しない部分は省略し、お名前は(メッセージそのものに記されていた場合を除き)イニシャルに変更させて頂きました。

私たちは、グローバルキャンペーン「京都を守って!」
に賛同しました。なぜなら…


1. 私たちみんなの生存と、子供たちの将来のために。C.B. イタリア、フィレンツェ

2. 町と市民の安全のために T.C. イタリア、ローマ

3. 京都は、私の地球の上にあるから。 G.M. アメリカ合衆国、バーモント州

4. 2001年から2006年まで京大で教えていました。
   京都には日本の過去の偉大さが揃っています。
   それが、国を司る一部の日本人にとって、全く取るに足らないものだというのは、悲しいことです。
   京都の近くで原子力を使おうというのは、特にフクシマが起きた後では、恥ずべきこと以上です。
   そんなことを支持する人間たちには、歴史的な記憶というものがないのでしょう。
   彼らの考える進歩は、よこしまです。
   それがいかなる地獄へ導くものなのか、京都が失うものがどれほど大きなものか、
   全くわかっていないのです。 G.O. イタリア、アスティ

5. 私たちはみな、安全な未来を必要としています。 C.M. イタリア、ミラノ



つづきを読む
by addionuke | 2012-09-14 21:01 | キャンペーン最新ニュース