関電 でんき予報の欺瞞 ~ 全然必要なかった大飯原発再稼働

関電「でんき予報」に“不信感” 任意調整できる供給力…数値は自由自在? (SankeiBizより)

8月1日中日新聞から
a0235164_16504125.jpg

# by addionuke | 2012-08-05 16:51 | キャンペーン最新ニュース

「原発0%」7割支持 政府の意見聴取会終了

(朝日新聞  2012年8月4日21時13分)

政府が全国11カ所で開いたエネルギー政策の意見聴取会が4日終わり、2030年までに原発ゼロを求める意見が7割を占めた。政府は4日始まった討論型世論調査も含め、「国民的議論」を経てエネルギー政策を決めるとしており、脱原発を求める世論を受けとめるかどうかが問われる。
詳細グラフ

More
# by addionuke | 2012-08-05 13:31

日本でもついに誕生、「緑の党」

【Ustream中継動画】 8・3「京都で!日本で!緑の党オープニングイベント」(IWJ 京都1より)

http://d.hatena.ne.jp/greens_kyoto/20120804/1344062974

# by addionuke | 2012-08-05 13:23 | 関連ニュース

【緊急署名】 「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!

原子力ムラ」だらけの人事はもうたくさん。
これでは子どもたちは守れません!
署名サイト → 
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/


紙版はこちら(PDF)→ https://dl.dropbox.com/u/23151586/120725_shomei_jinji.pdf

締め切り延長=8月6日9時(日本時間)まで。 
まだ、間に合います!

一次締め切り:7月30日(月)午前9時 二次締め切り:8月2日(木)午前9時
「原子力規制委員会」の5人(田中俊一氏、更田豊志氏、大島賢三氏、中村佳代子氏、島崎邦彦氏)の国会同意人事案が複数のメディアに報じられました。
しかし、このうちの3人は、明らかに「原子力村」の人間であり、現在までの原子力推進政策の責任者としてその責任を問われるべき立場にあります。

More
# by addionuke | 2012-08-05 08:39 | 関連ニュース

7.29国会包囲行動と連携、京都の関電包囲ぐるぐるデモ

暑い熱い京都から。
主宰者が丁寧に数えた数を380名参加と発表。(つまり、水増しした数ではありません。
でも、周囲にも、列には参加しないけれど、共感を示し、窓から「がんぱって~ぇ!」とエールを送る住民や、観光客、留学生などは少なからずいました)
スナップ写真を掲載します。

a0235164_16141374.jpg
a0235164_16144271.jpg
a0235164_16163686.jpg
a0235164_1615985.jpg

a0235164_16231070.jpg

More
# by addionuke | 2012-08-03 16:24 | 関連ニュース

大飯原発 ~ 活断層の危険性 


適切評価なく原発再稼働容認できぬと専門家

NEWS ポストセブン 7月24日(火)16時6分配信

 原発周辺で見過ごされている活断層をいくつも指摘し、「評価をやり直すべき」と訴えてきた渡辺満久・東洋大学教授(変動地形学)。そして今、全国で唯一運転が再開された大飯原発の敷地内に、活断層の存在が疑われている。6月末に現地を視察した渡辺教授が、新たに判明した重大な事実を報告する。

a0235164_23164255.jpg

(破砕帯だらけの原発立地、写真提供・資料センター《雪の下の種》)
 * * *
 原発の危険性ばかり訴えているため誤解されがちだが、私は再稼働に絶対反対ではない。代替エネルギーの少ない日本の現状を慮れば、原発の即全廃は非現実的だからだ。

 しかし、活断層の専門家としては、その危険性が適切に評価されない限り、再稼働を容認することはできない。それは、既に稼働した大飯原発も例外ではない。大飯の敷地内には1、2号機と3、4号機の間をF-6という破砕帯(断層)が南北に走っていることが判明しているが、これは後述する理由から活断層の疑いがある。

 しかも、6月27日に行なった現地視察では、新事実が判明した。施設の耐震設計上、最も重要度が高い「Sクラス」に位置づけられ、事故発生時に3、4号機の原子炉を冷やすための水を運ぶ非常用取水路がF-6断層を横断していたのだ。

 いくら耐震構造を強化しても、地盤そのものがずれると建築物は破壊されてしまう。F-6断層が動けば、これを横切る直径数mの取水管が壊れて3、4号機の原子炉が冷却できず、原発事故がより深刻化する懸念がある。

つづきを読む
# by addionuke | 2012-07-25 23:19 | 関連ニュース

一人からでもできること ~ ドイツから、願いをこめて

今年1月に横浜で開かれた脱原発世界会議の参加者の一人、ドイツの環境保護活動家フランツ・ボッテンス氏から、6月にフランクフルトの日本領事館に野田首相あての脱原発嘆願書を手渡した模様のビデオと手紙について、お知らせがありました。

同じような行動は、その気になれば、世界各地で誰にでもできると思います。
提出の際には、必ず予めアポをとり、事務的な仲介をていねいに依頼する姿勢が成功のカギのようです。
地元のメディア(特に日本からの特派員)にも前もって知らせ、同行、報道してもらうと効果増大かもしれません。


提出された手紙(日本語)   英語はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=aq8XkNY0Fyk&feature=plcp


http://www.youtube.com/watch?v=zEGFXkVLaks&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=G2jYmOhAUQE&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=BxED3z9c-xA&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=QZXxpTEnRtw&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=gLF8voXbSTk&feature=plcp
# by addionuke | 2012-07-22 10:00 | キャンペーン最新ニュース

明日うらしま ~ 梶村 太一郎さんのブログから

本日7・1大飯原発現地での再稼働反対非暴力直接抵抗行動を応援します
/追加:正門前での誇り高い見事な意思表示に世界中が瞠目


写真多数
http://tkajimura.blogspot.it/


本日、人間として、また生きるものとしての最低限の生存権を踏みにじる大飯原発再稼働強行に抵抗する、日本市民の非暴力不服従直接行動がおこなわれています。

ドイツ市民はこれをすでに3世代に渡って続けていることを、このつたないブログでもいくらかはお伝えしました。よって遠くから応援します。

現場のみなさま、座り込み行動で、ごぼう抜きにあっても警察官には徹底的に非業力で不服従を貫いて下さい。
警察官が実力行使に出ても、殴られたりして痛くても、冷静な声で再稼働反対を警察官の眼を見ながら、こころから訴えて下さい。それができた時に民主主義が巨大な核暴力を崩し始めるのです。
# by addionuke | 2012-07-02 04:59 | 関連ニュース

ネットで拡大、再稼働反対 官邸前に人の波 ~ 日本では、今

TBS News から

ネットで拡大、再稼働反対 官邸前に人の波

TBS系(JNN) 6月30日(土)0時40分配信            ビデオを見る

trascription

 原発再稼働反対のデモが拡大しています。29日午後7時前、総理官邸の正面から数百メートルにわたり抗議活動をする人の波が続いています。デモの参加者が爆発的に増えた理由は、ツイッターやフェイスブック。「自分なりに参加する」、そんな新しいデモの形を取材しました。

 関西電力・大飯原発の再稼働反対を訴えるデモ。3月からほぼ毎週金曜日に行われ、29日で13回を数えますが、大飯原発の再稼働は2日後の7月1日に迫っているため、参加者はこれまでで最も多くなることが予想されていました。そして、午後6時、デモが始まりました。

続きを読む
# by addionuke | 2012-06-30 18:00 | 関連ニュース

ドイツ人が見た日本の脱原発運動 ~宮崎から

ドイツ在住の方からお知らせを頂きました。

Three Eleven Turning Point (Deutsch UT)
http://www.youtube.com/watch?v=ExhCBobllFA&feature=youtu.be
# by addionuke | 2012-06-30 17:49 | お奨めリンク ― 原発関係

6/22 原子力基本法をこっそり変更 軍事利用も‥?@報道ステーション

報道ステーションより。

政局のどさくさにまぎれ、国民にわからないような形で重要な法改正が通った。
消費税大増税、そして原発の再稼働を前提に、民・自・公の合作と言えるものだ。
きのう成立した原子力規制委員会設置法にあわせて、原子力の平和利用をうたった原子力基本法が書き換えられた。

http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6335143.html


とんでもない事態が・・・・。是非、ビデオを見て下さい。

東京新聞 2012年6月22日社説 
「安全保障」追加 平和の理念ゆがめるな
 

「原子力の憲法」といわれる原子力基本法がこっそり変更されていた。
国会でほとんど議論されぬまま「安全保障に資する」の文言が加えられた問題は、原子力の平和利用の理念をゆがめるものだ。


More
# by addionuke | 2012-06-24 02:22

大飯原発「5層の防護」3層目まで 国際基準 程遠く

東京新聞 2012年6月16日 夕刊から
a0235164_18185762.jpg
 大飯原発3、4号機の再稼働が決まった。野田首相らはしきりに安全性が確保されたと強調するが、国際的な安全基準の一部しか満たしていないのが現状だ。このまま再稼働に踏み切れば、国際基準から逸脱した形になる。

 国際原子力機関(IAEA)は、原発の安全性を保つため「五層の防護」という考え方を示している。

 五層の防護とは、故障や誤作動を防ぎ、地震や津波などに襲われても炉心溶融のような重大事故にならないよう備えをするのが一~三層目。事故が起きてしまった場合、いかに事故の被害を最小限に食い止め、住民を被ばくから守るかの備えをするのが四、五層目となる。

 大飯原発はどうか。非常用電源の多様化や建屋が浸水しにくいなどの安全向上策はある程度はできたが、それは三層目までのこと。事故が起きた後に重要となる四、五層目の対応は空手形というのが現状だ。

 ベント(排気)時に放射性物質の放出を最小限にするフィルターの設置、事故収束に当たる作業員を放射線から守る免震施設の整備などが四層目に当たり、適切に住民を避難させたり、内部被ばくを防ぐヨウ素剤を配ったりするのが五層目。

 しかし、四層目が達成されそうなのは三年後で、五層目はいつになるか、めども立っていない。


More
# by addionuke | 2012-06-16 18:19

再稼働したいのは、誰?

再稼働の黒幕か?
a0235164_16431696.gif


グリンピース・ジャパンHPから

http://www.greenpeace.org/japan/nissay/?gv20120616

再稼働を急ぐ政府と関西電力。でも国民の大半が反対しています。では一体、再稼働したいのは誰でしょうか?

それを見つけるわかりやすい方法があります。
原発を持っている電力会社の株主総会(2012年6月27日)に注目することです。

大飯原発を再稼働しようとしている関電の株主総会にも脱原発提案が出されています。
脱原発の提案に、どの株主が賛成か、反対か?
みなさん、関西電力の株主総会に注目しましょう!

実施期間: 2012年6月13日(水)~6月27日(水)
目標ツイート数: 1,000

# by addionuke | 2012-06-16 16:45 | 関連ニュース

イタリア発、脱原発の新たなキャンペーン

イタリアの物理学者数人が発起人となり、5月18日にスタート。
国籍、年齢に関係なく、どなたでも署名可能です。
ココから 英文はこちらから
その他の言語 フランス語  スペイン語  アラビア語  ロシア語  ベラルーシ語 

日本における原子力モラトリアムと
福島原発の核燃料の即時撤去を求めるアピール

http://isdepalermo.ning.com/notes/Fukushima

   ★☆★キャンペーンが、週刊金曜日5月25日号に載りました。☆★☆ 見る


本アピールは、日本国外でフクシマの惨事を語るまいとする沈黙の壁を破ろうとするものです。

 野田首相が率いる今の日本政府は、福島第一原子力発電所事故の大惨事を受けて日本国の脱原発を目指そうとした前政権の決意を、事実上、否定しました。しかし、国内における議論は下火になるどころか、原子力に反対する世論がますます高まっています。

 一方、世界的には、あたかもこの事故が深刻なものではなく、事態は収拾に向っており、日本の人々へ及ぼした影響もほとんどなかったかのように信じ込ませる動きがあります。

 ところが、実態は、全く異なっています。
a0235164_447443.gif


つづきを読む
# by addionuke | 2012-06-13 19:06 | キャンペーン最新ニュース

「おカネがすべて」ではない金融機関のあり方、城南信用金庫理事長インタビュー

カタログハウスHPから

元気の出る話

落合恵子 vs. 吉原毅 対談

http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/ochiai/yoshiwara/honmon.html

# by addionuke | 2012-06-04 18:23 | 関連ニュース

キャンペーンの主旨

a0235164_2352646.jpgイタリアから、ヨーロッパから、
   日本の『脱原発』への
           願いを込めて


 福島原発事故を他山の石とし、昨年6月の国民投票で脱原発を宣言したイタリア。
そこに住む日本人有志の呼びかけで、 口コミを頼りに繋がった欧州12カ国に住む約160人の邦人が、日本政府に『脱原発』政策の実現を求める嘆願書に署名、昨夏に続き、今年3月、首相官邸に提出しました。
 そんな私たちの切実で切迫した思いとは裏腹に、よりにもよって3月11日、一刻も早い再稼働へと舵を切る意思を表明をした野田首相。
 このキャンペーンは、3.11一周年を区切りにひとまず終了しましたが、とてもブログを閉じられるような状況ではなさそうです。
 でも、もし、日本国内外の市民の力で再稼働を阻むことができれば、5月初めには北海道泊原発3号機が定期点検に入り、日本国土に存在する原発54基が全部止まるのです。そして、事実上の『脱原発』がスタートする。
考えてみれば、まさに今年、2012年こそ、日本にとっての運命の分かれ道、真の正念場なのかもしれません。 そんな祖国に遠くから思いを馳せる私たちに、できることは? 今後のアクションのアイディアを求めています。

a0235164_013712.jpg


キャンペーンについて、つづきを読む
# by Addionuke | 2012-05-26 14:46

関西電力が明言ーもうけのために原発再稼動したい  

本音は経営事情にあり、電力需給の問題とは別

(東京新聞、「こちら特報部」より、「たんぽぽ舎NLより転載)

 先月二十四日の大阪府市エネルギー戦略会議では、当の関電が再稼動を望む理由は、今夏の電力不足とは別にあると明言していた。 

 委員の一人が「夏の需給対策のために再稼動するわけではないのか」とただしたのに対し、関電幹部は「安全な原発は稼動させていただきたい。需給の問題とは切り離して考えている」と発言。電力需給は二の次という"本音"を漏らした。

 ではその本音とは何か。それは原発抜きには経営が立ちゆかない関電独特の事情にある。

 同社の原発による発電比率は全体の約48%(2010年3月までの十年間の平均)で、他社と比べて圧倒的に高い。さらに大飯、美浜、高浜(いずれも福井県)にある計十一基のうち、七基は運転開始から三十年以上を経過した老朽原発だ。

 老朽原発は減価償却済みなので、低コストで高収益。そこにあぐらをかいた経営を続けてきた。しかし、そのことは原発の稼働が止まってしまえば、一気に窮地に陥ることをも意味している。
(中略)

つづきを読む
# by addionuke | 2012-05-17 16:54 | 関連ニュース

なぜ急ぐ大飯原発の再稼働(田中龍作ジャーナルから)

なぜ急ぐ大飯原発の再稼働~上~ 耐震バックチェック採り入れぬ不思議

なぜ急ぐ大飯原発再稼働~下~ SPEEDI 滋賀県に情報提供しない文科省の不実


 昨日は勝俣・東電会長、きょうは政府の役人。原子力発電に関わる人物は、どうしてかくも無責任なのかと感ぜざるを得ない。15日、環境団体が大飯原発の再稼働をめぐる政府の見解を質した。  

 場所は前日、国会事故調で勝俣会長の参考人聴取が行われたのと同じ参院議員会館の講堂である。政府からは原子力安全・保安院、資源エネルギー庁、科学技術庁の6人が出席した。

 国民の誰もが首を傾げるのが、「なぜ野田政権は大飯原発の再稼働を急ぐのか?」だ。

 環境団体からは「大飯原発3・4号機は審査指針が事実上存在しない状態で再稼働させることになるのか?」との質問が出た。

 資源エネルギー庁の松田明恭氏は次のように答えた。「まだ規制庁が発足していないので、これまでの安全基準で審査する」「行政の空白を作ってはならないので4大臣会議で取りまとめた安全基準(※)で審査する」

 200人近い市民が会場を埋めていたが、「行政の空白を悪用しているだけじゃないか」と怒号が飛んだ。官僚の入れ知恵で野田政権が急ごしらえした『安全基準』が混乱を招いているのである。これは序の口であった。
# by addionuke | 2012-05-16 23:38

世界から、日本の全原発停止に祝辞

日本の全原発の稼働停止を歓迎する
アボリション2000年次総会のメッセージ


 2012年5月5日、ウィーンで集まった「アボリション2000」年次総会の参加者たちは、日本でこれまで稼働していた54基のうち最後の原子炉が本日稼働停止したことを歓迎します。

 これらの原子炉は、通常または特別な点検のために一時的に稼働が停止されたものです。

 福島の惨事がもたらした破壊的な人道上および環境上の結果にかんがみて、私たちは、原子力からの脱却を求めている日本および世界の過半数を占める人々を支持するとともに、とりわけ、日本の原発が稼働再開されることがなく、恒久的に閉鎖されることを支持します。

 日本社会がいま原子力がなくても機能しているという事実、そして他国においても原子力なしで機能し発展している社会の方が多数であるという事実は、このような危険なエネルギー源は必要でないことを示しています。とりわけ、私たちが再生可能なエネルギー源を増やしていけばなおのことです。

 原子力からの脱却はまた、核兵器拡散の可能性を閉ざし、核兵器のない世界が持続していくための条件をつくることに寄与します。

 私たちはこのメッセージを日本の政府、国会そして市民社会に対して送ります。
# by addionuke | 2012-05-07 15:59 | 関連ニュース

イタリアから、愛を込めて

明日はいよいよ、5月5日。
日本では、稼働中の原発の最後の一基が、止まります。

それを祝して、フィレンツェ在住のHarumi Mat.さんからのメッセージです。

           P.S. 4月22日の東京エネパレの動画も見てね、みどりの鯉のぼり、たくさんいるよ! ⇒ここから
a0235164_23453357.jpg

2012年5月5日。

再稼動要請の圧迫が厳しいなか、日本は原子力エネルギーなしでやっていける、が実証され、

いよいよ原発なしでやるんだ、と踏ん張るときが来ました。

この日を前にして、これからの日本(と世界)の先行きを案じながらも

まことにささやかではありますが、とりあえず、祝わずにはいられません。Harumi Mat.
a0235164_234639100.jpg

# by addionuke | 2012-05-04 23:47 | キャンペーン最新ニュース