読んでおくと、物の見方が変わるかもしれない本 2

☆ ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸
アーサー・ビナード (著), ベン・シャーン (イラスト)


単行本: 56ページ
出版社: 集英社
ISBN-10: 4082990151
ISBN-13: 978-4082990152
発売日: 2006/9/26
商品の寸法: 25.8 x 18.4 x 1.2 cm

ベン・シャーンの名画が絵本になった。
米国の国民的な画家ベン・シャーンの『石に刻む線』と、詩人アーサー・ビナードの温かく力強い言葉が、第五福竜丸を通して、反原水爆を訴えます。子供から大人まで。読んで考え、語り合って下さい。

内容(「BOOK」データベースより)
まえからうわさはながれていた。アメリカが水爆という爆弾をつくって、それをどこか南の島でためすかもしれないと。マーシャル諸島のビキニ環礁で、3月1日夜あけまえに爆発させたのだ。広島で14万人をころした原爆より、1千倍も大きい爆弾だ。リトアニア生まれのアメリカ美術の巨匠と、アメリカ生まれの日本語詩人が、歴史の流れを変えた日本の漁師23人といっしょに乗り組んで、海に出る。

☆ 大石 又七
これだけは伝えておきたいビキニ事件の表と裏
            ―第五福竜丸・乗組員が語る


単行本 167ページ
出版社:かもがわ出版 
ISBN-10: 4780300959
ISBN-13: 978-4780300956
発売日: 2007/07
商品の寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm

内容(「BOOK」データベースより)
一九五四年三月一日未明、著者は中部太平洋のビキニ環礁近海でのマグロ漁の途上、アメリカの強大な水爆実験に遭遇した。本書は、ビキニ水爆被災事件についての最も重要な証言者が、渾身の筆力を込めて執筆した熱い語りかけである。


☆ 大石又七
矛盾   ビキニ事件、平和運動の原点


単行本: 283ページ
出版社: 武蔵野書房
ISBN-10: 494389898X
ISBN-13: 978-4943898986
発売日: 2011/09
商品の寸法: 19.1 x 13.1 x 2.2 cm

英訳
☆  The Day the Sun Rose in the West  Bikini, the Luchy Dragon, and IUniversity of Hawai'i Press, 2011 transl. by Richard H. Minear

☆ 豊田直己
フォト・ルポルタージュ
フクシマ原発震災のまち

(岩波ブックレットN. 816)

単行本(ソフトカバー): 80ページ
出版社: 岩波書店
ISBN-10: 4002708160
ISBN-13: 978-4002708164
発売日: 2011/8/11
商品の寸法: 21.3 x 15 x 0.9 cm

内容紹介
収束の兆しが見えない福島原発事故。数々の紛争地を取材してきた著者は、震災直後から福島に入り取材を重ねる。生活の痕跡を残しながらも人影の消えたまち、放射能汚染や行政の対応に翻弄される住民たち、作業員の語る原発労働の内実……。被災者たちの生の声とともに、原発震災下の実態をカラー写真とルポで描き出す。


☆ 園良太
ボクが東電前に立ったわけ


単行本: 144ページ
出版社: 三一書房
ISBN-10: 438011001X
ISBN-13: 978-4380110016
発売日: 2011/9/1
商品の寸法: 18.8 x 12.9 x 1.5 cm

内容紹介
―3・11原発事故に怒る若者たち― 街へ出よう! 原発を止めよう! 僕らがつながれば世界は変えられる!! 3・11大震災と原発事故。最悪の事態が今も続く中に見出した希望― 脱原発をめざし、動き出した若者たちのたたかい


☆ 田中優
原発に頼らない社会へ
  こうすれば電力問題も温暖化も解決できる


単行本: 160ページ
出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2011/4/21)
ISBN-10: 4270006455
ISBN-13: 978-4270006450
発売日: 2011/4/21
商品の寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm

内容(「BOOK」データベースより)
福島第一原発事故は予想されていた。柏崎も活断層を心配した住民の反対を押し切って建設され、事故を起こした。なぜ東京電力は原子力発電所を造りたがるのか?造れば儲かるからだ。国民の安全と引き換えに生み出された原発は、いったい誰のためのものなのか?田中優が問題点に鋭く切り込み、画期的かつ現実的な代替案を投げかける!もう電力会社には任せられない。日本経済が破綻する前に考えるべき、これからのエネルギーのあり方。


☆ 鎌仲 ひとみ
ヒバクシャ―ドキュメンタリー映画の現場から


単行本: 233ページ
出版社: 影書房
ISBN-10: 4877143475
ISBN-13: 978-4877143473
発売日: 2006/03
商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 1.6 cm

内容(「BOOK」データベースより)
映画『ヒバクシャ―世界の終わりに』で、普遍的な脅威としての“低線量被曝”を追究した映像作家による制作ドキュメント。『水俣』の土本典昭監督との対談を収録!映画『ヒバクシャ』完全シナリオ。劣化ウラン弾等の解説資料・付。
by Addionuke | 2011-11-18 23:56 | お奨め図書
<< 緊急署名2件 ② 原発輸出はやめて! 緊急署名2件 ① >>