原子力マネー: 口止め料か、広告のギャラか

東京新聞 オンライン 2012年1月2日 16時59分

安全委員長らに原子力業界が寄付 310万~400万円


原発の設置許可申請などについて、安全審査のダブルチェックとして2次審査を担当する原子力安全委員会の5人の委員のうち、班目春樹委員長と代谷誠治委員が、就任前の3~4年間に、原子力関連企業や業界団体から310万~400万円の寄付を受けていたことが2日、分かった。

安全委の下部組織の専門審査会で、非常勤で審査を担当する複数の委員も、審査対象企業などから寄付を受けていた。いずれも審査の中立性への影響はないとしている。

班目氏は2010年4月に東京大教授から安全委の委員長になった。同氏によると、09年までの4年間に三菱重工業から計400万円の寄付を受けた。
(共同)

by addionuke | 2012-01-03 10:14
<< 「事故収束」? また津波が来る... We wish you >>