南相馬のこどもたち

日刊ベリタ 2月6日掲載

「団結して子どもを守ろう!」 
        南相馬市の“ぬまゆ”さんが本当に訴えたいこと



  「今日、ここにいる人たちで団結し、子どもたちを守りましょう!」“ぬまゆ”さんこと沼内恵美子さん(42歳)は1月28日(土)、南相馬市原町地区で開かれた野呂美加さん[*1](NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表)のお話会終了後、そう呼びかけながら来場者ひとりひとりに名刺を配っていた。(和田秀子)

■ブログを始めた理由は、子どもたちを守りたかったから

 “ぬまゆ”さんをご存じない方のために説明をしておくと、“ぬまゆ”こと沼内恵美子さんは南相馬市で塾を経営している先生だ。昨年8月からご自身で書き始めた「ぬまゆのブログ」の中で、脱毛、下痢、水疱、アゴ痛、歯が抜ける、血が止まりにくい、体がだるい……といった自らの身に起こっている原因不明の症状をつづったことがキッカケで、「被ばくの症状ではないか」と一部で憶測を呼び、インターネットで話題となった。

つづきは、こちら

by Addionuke | 2012-02-09 00:41
<< なぜ? 被ばくを放置、拡大する政策 STOP! 原発輸出 ~ヨルダン~ >>